DEFTA%2520PARTNERS%2520logo2_edited_edit

DEFTA CAPITALのチーム

IMG_4849.png

原 丈人
(George Hara)

代表取締役
デフタ パートナーズ グループ会長
アライアンス・フォーラム財団 代表理事 兼 会長

中央アメリカ考古学を志し27歳まで研究を行う。研究資金を稼ぐために渡米し、在学中81年に米国発の光ファイバーディスプレイ装置開発メーカーをシリコンバレーで起業し、苦労の末成功した。手に入れたなけなしの資金を、インターネットプロトコルTCP/IPの米国発の試みを行うTWGへ出資し経営に参加、取締役、副会長などを歴任し、世界的起業へと導いた。同時期に弟の原健人とデータコントロール社を創業し、米国で開発したICT関連技術の日本でのローカリゼーションを行う。さらに、考古学に役立つ技術開発を行うために84年デフタパートナーズを創業、情報通信や半導体技術分野のベンチャー企業への出資と経営を行う。世界初のISPとなったUUNET等いくつものインターネット創世記時代の創業期のベンチャーに出資し、インターネットの礎を作ることに貢献した。1990年代にはマイクロソフトと覇を争ったボーランド、ピクチャーテル、SCO、ユニファイ、トレイデックスなどエポックメイキングなベンチャー企業の社外取締役や会長として世界的な企業へ成長させた。1985年でデフタパートナーズが創業期に出資し、パートナーを兼務していたアクセル・パートナーズが90年代には全米第2位のVCとなった。

%25E7%25A5%259E%25E6%25B0%25B8%25E6%2599

​神永 晉

(Susumu Kaminaga)

取締役

東京大学工学部機械工学科を卒業し、住友精密工業株式会社入社。1980年代の在独6年(欧州事務所長)、1990年代後半の在英4年半(買収したベンチャー企業の経営)を経て、2000年(平成12年)に取締役、2002年常務取締役、2004年社長に就任し、2012年の退任まで8年間務めた。1981年から1987年までのドイツ駐在時に、航空機分野の装備品、エネルギー分野のLNG関連装置、環境分野の環境保護システム等の事業において、グローバル連携による海外展開を進めた。1995年からの英国滞在では、買収した現地企業において、マイクロ・ナノ分野におけるMEMS(微小電気機械システム)のキーテクノロジーとなるシリコン深掘り微細加工技術を世界で初めて製品化した。この技術により飛躍的に発展した微小MEMSセンサが、その後のスマートフォンやIoTの出現を可能とした。2012年(平成24年)の社長退任後は、業界、学界、政府関係等、産学官連携や企業経営に関わる各種活動に携わっている。SKグローバルアドバイザーズ株式会社代表取締役、オリンパス株式会社社外取締役、東レ株式会社社外取締役

 
IMG_4850.png

丹治 幹雄
(Mikio Tanji)

特命担当執行役員

1977年東京大学法学部を卒業後、日本長期信用銀行にて銀行員として海外赴任も含め様々な経験を積む。当社入社後、大阪大学初ベンチャー、クリオプス社の立ち上げ主導し、その後、事業会社からの出資を無事に完了させた。現在、当社がGPを務めるファンドのファンドレイズに最初から加わり、最終的にUSD62百万の出資を得て、クローズすることとなった。現在は、当ファンドのジェネラルマネジャー兼投資運営委員であり、投資運営委員会を主宰し、投資検討を行うほか、日米の出資先ベンチャーの取締役、監査役を複数勤めている。

法務博士であり、これまでの経営者としての知見も合わせ、取締役会を通してベンチャーの経営指導及び事業戦略の策定などに当たる。

%25E9%25AB%2598%25E6%25B1%25A0%25E5%258F%2594%25E5%25AD%2590-Yoshiko%2520Takaike_edited_edited.jpg

熊地(高池)叔子
(Yoshiko Takaike-Kumachi)

取締役投資本部長

2001年文京女子大学(現:文京学院大学)経営学部を卒業後、入社した証券会社でベンチャーキャピタル業務を始め、その後コンサルティング会社での業務を通じて、ベンチャーキャピタルにおける投資業務のみならず、ファンド組成業務、ファンド管理業務、ベンチャー企業への経営指導業務の経験を有す。2003年頃には、第二地方銀行の子会社ベンチャーキャピタルの顧問業務を勤めた。また、神奈川県産業振興センターが主催するかながわビジネスオーディションの審査員を複数年に渡って勤めた。2007年からデフタパートナーズに参画。日本国内ファンドの企画・組成、投資案件の発掘、投資実行、育成業務など、国内の投資業務全般を担当。ベンチャーキャピタル業界での経験が長く、いくつもの会社のハンズオン支援を手掛けてきたことから、会社業務にも強い。

%E8%91%9B%E5%9F%8E%E7%A6%8E%E4%B9%8B-Yoshiyuki%20Katsuragi_edited.jpg

葛城 禎之

(Yoshiyuki Katsuragi)

事業推進本部長

1989年慶応義塾大学経済学部を卒業後、20年以上外資系証券会社にて外国株式の機関投資家営業に関わり、その後、医療法人で経営全般に携わる。当社では担当ベンチャーのハンズオン支援として、現在はオブザーバーとして経営会議等に参加するも、今後、取締役に就任する予定。外国株式市場の知識、法人営業としての長年の経験、管理職としてのスキルなどのベンチャー企業や経営に生かすとともに、医療法人で日本の抱える高齢化問題を現場で経験してきた強みであり、現在担当するベンチャーの今後の事業戦略についても実態に即したアドバイスができると考える。

IMG_4676_edited_edited.jpg

吉田 淳
(Atsushi Yoshida)

管理本部長

1986年香川大学経済学部卒業後、国内証券会社に入社。その後、国内外の証券会社、不動産投信運用会社等で内部管理部門を経験し、内部管理統括責任者やコンプライアンスも経験する。金融関係以外でも、医療法人、一般事業会社の管理業務も経験し、幅広い経験を管理業務に生かせる強みがある。2020年7月、株式会社デフタ・キャピタルに入社し管理部門を担当する。

 
0_edited_edited.jpg

山田 誠

(Makoto Yamada)

事業推進本部 調査役

2005年に弘前大学大学院にて生物機能科学を修了後、15年以上内資系製薬企業にてセールス・マーケテイング部門および事業開発部門を務めた。2019年にはBond Universityにて経営学修士(MBA)を修了し、2021年から当社に参画。今まで培ったマーケティング思考やasset valuationのノウハウ、そして製薬企業の論理を踏まえたアドバイスができると考える。